写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士重工業は27日、スバルのモータースポーツ統括会社、スバルテクニカインターナショナル(STI)とのコラボレーションにより、スバル「レヴォーグ」の走行性能・走りの質感・内外装の質感を高めた最上級グレード「STI Sport」を追加し、同日に先行予約を開始した。発売は今夏を予定している。

「レヴォーグ STI Sport」は、走りのパフォーマンスの進化に加え、走り始めからすぐにわかる上質な乗り味と高い操縦安定性を実現。走りの質感にふさわしい洗練された専用内外装を採用することで、「レヴォーグ」の魅力を最大限に引き出している。

足回りには、専用のチューニングを施した可変減衰力サスペンション「DampMatic II」を採用。ショックアブソーバーの特性を生かした専用コイルスプリングとの組み合わせにより、操縦安定性の向上と乗り心地の確保を両立した。ステアリングギアボックスの取付け剛性向上により、操舵応答性も高められている。

エクステリアは、専用設計のフロントバンパー・フロントグリルとLEDフロントフォグランプを採用したほか、専用18インチアルミホイール・専用大型デュアルマフラーカッターを装着し、車体前後にはSTIのオーナメントを配置。ボディカラーはベース車の7色に「WRブルー・パール」を追加した。

インテリアは「STI Sport」専用のテーマカラーの「ボルドー」でコーディネート。レッドステッチやピアノブラックのパネルと組み合わせることで、スポーティでありながら落着きのある上質なインテリアに仕上げた。「STI Sport」専用アイテムとして、「STI」ロゴを配置した専用ルミネセントメーター、ステアリングホイール、サイドシルプレート、運転席・助手席ヘッドレストを採用して特別感を演出し、「レヴォーグ」最上級グレードにふさわしい仕様としている。

価格は「レヴォーグ 1.6 STI Sport EyeSight」が348万8,400円、「レヴォーグ 2.0 STI Sport EyeSight」が394万2,000円(税込)。

(木下健児)