お疲れ女子の癒しに「妄想旅行」! “フランス気分”を堪能できるおすすめ5冊

写真拡大

日々忙しくて、家と会社を往復するだけの毎日。待ちに待ったはずの週末は、疲れ過ぎて、家で寝るだけ。気付けば日曜の夕方『サザエさん』の時間になり、何もしなかったことに後悔……という週末を繰り返しているアラサー女子も、多いのでは?

エッチで現実離れな世界にドキドキ! 女子におススメ“官能漫画”5作品

忙しくて疲れていると、なかなかお出かけする気になれないもの。

そこでおすすめしたいのが、疲れていても、ゴロンとリラックスして楽しめる週末読書。それも、行った気になれる旅行エッセイを、週末の一冊に選んでみては? 必要なのは妄想力だけ!

今回ご紹介するのは、旅人目線だけでなく、生活者目線で書かれた「フランス」にまつわる5冊。

フランスと言えば、美味しい料理とワイン、美しい風景にファッション……ですが、アラサー女子が注目すべきポイントは、他にも!

近年、フランスでは、子育て支援が充実し、出生率が上昇中。働きながらの子育てが、“当たり前”として認知され、働くお母さんへの風当たりも、日本とは異なる様子。また、家族関係やパートナー関係もさまざま。結婚や出産、育児と仕事の両立で悩むアラサー女性には、フランスのライフスタイルも参考にしたい。

美味しいフランスを堪能

池波正太郎『あるシネマディクトの旅』

何十年もフランス映画を観てきた池波正太郎が、フランスを旅した際のエッセイを集めた一冊。特に、食事のシーンでは、登場するメニューを食べたくなること必至。例えば、フレンチの定番“舌平目のムニエル”。

「何といっても、リヨンの〔メール・ギイ〕がすばらしかった。舌平目のムニエルなどという、ありふれた料理を得意にするだけあって、そのこんがりとした焼けぐあいといい、魚の身のやわらかさといい、盛りつけといい、何ともいえなかった。あれだけのムニエルを食べたおぼえがない。やたら油くさい東京の名高い店のムニエルなど、足許にもおよばなかった」出典『あるシネマディクトの旅』

東京の有名店でも味わえない、絶品の舌平目のムニエル! 魚をソテーする香ばしい香りを想像して、既によだれが出ている人もいるのでは? できるなら、ひと口でいいから味わってみたい。

他にも、朝食には、バターたっぷりのオムレツ、香ばしくてやわらかいパン、鴨料理にサラダ……。食通の著者が食べる、気張らないフレンチがなんとも美味しそう。

フランス流!? 人間関係の築き方

川内有緒『パリでメシを食う。』

パリで生活する10人の日本人への取材を通して「旅するパリ」ではなく

「パリで生き抜く」を体感できる一冊。

パリに住んで十数年、ヨーロッパ各国を飛び回るカメラマン、シュンさん。カメラマンの仕事が軌道に乗り始めたばかりの頃、恋人との間に子どもができる。でも、結婚はしていない。シュンさんは

「駆け出しのカメラマンだった僕にとって、恋人が妊娠してしまったのは晴天の霹靂でした。自分一人の生活すら覚束ないのに。でも、生まれて来るからには、責任取るだけです」出典『パリでメシを食う。』

と言う。

結婚というかたちではないけれど、子どもに責任を果たす関係。カメラマンの仕事についても

「中にはやりたくない仕事もあります。でも、家族への責任を果たすために引き受けてる」出典『パリでメシを食う。』

と話します。日本では、責任を取る=結婚と考えることが多い。フランスにおけるパートナーとの繋がり方の多様性を知ると、家族関係や、パートナー関係はそれぞれ違っていいのだと気付く。

オヤジ目線で……

浅田次郎『かわいい自分には旅をさせよ』

一冊で、京都、北京、シチリア、パリ、ラスベガス……を訪れることができる、浅田次郎の随筆集。オヤジ目線で見る、おしゃれな街パリに注目。

「ふしぎなことには、二十代、三十代の若い男たちはさほどでもない。こちらはむしろパリジャンに比べればあきらかに田舎くさい。しかし四十代になると、美しく装うことがまるで習性でもあるかのように、誰もがカッコよくなるのである」出典『かわいい自分には旅をさせよ』

美しい女性よりも、著者の目を奪うのは男性のカッコ良さ。それも、おそらく彼が意識しているのは、同年代の男性。若者より、年齢を重ねた男女の方がかっこいいのだと、著者の目を通して体感!

絵画解説でタイムトリップ

赤瀬川原平『赤瀬川原平の名画読本〜鑑賞のポイントはどこか』

モネ、ゴッホ、セザンヌ……絵画の鑑賞術、描かれた背景などを通して、フランスを感じてみる。

例えば、ムーランルージュなどのキャバレーや、娼婦を描いたロートレック。解説には

「世紀末のパリの雰囲気を見事なまでに絵に残していった」出典『赤瀬川原平の名画読本―鑑賞のポイントはどこか』

とあります。踊り子や、真っ赤なマフラーを巻いた男性を描いた、ロートレックのポスターを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

「ムーランルージュというのは、そのころできた赤い風車が目印のキャバレーで、モンマルトルの丘の麓にあった。そのころの絵描きたちが盛んに出入りして、風俗のトレンドの場所であった」 出典『赤瀬川原平の名画読本―鑑賞のポイントはどこか』

解説をもとに、絵が描かれた時代、背景や場所を想像すると、。キャバレーの賑やかな雰囲気を感じ、世紀末の賑やかなパリにタイムトリップできます。

キャバレーの舞台裏を覗く

石井好子『女ひとりの巴里ぐらし』

1950年代、パリでシャンソン歌手として活躍した著者。旅行者は絶対に見ることができない「キャバレーの舞台裏」の濃厚な空気に浸ってみる。

キャバレーといっても、場末の、ちょっと小汚いイメージのキャバレーではなく、AAクラスのミュージックホール。そこで、アーティストとして活躍していた著者。著者にとって、キャバレーで歌うのは仕事。

「しがないキャバレーの歌うたいと、眉をひそめる人もあるでしょう。でも何と云われても仕方がないけれど、私は、その入り口を入る時はいつも胸をはっていた。自分の心をこめた仕事にたちむかう誇りを持って……」出典『女ひとりの巴里ぐらし』

自分の仕事と向き合うアーティストの姿勢は、現代女性の参考にもなる一冊!


今週末は、家に居ながら、フランス旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか?