写真提供:マイナビニュース

写真拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンはこのほど、DSブランドの3ドアハッチバック「DS 3」、電動ソフトトップ搭載のオープンモデル「DS 3 カブリオ」を6月1日から全国のシトロエン ディーラーネットワークで販売開始すると発表した。

DSブランドの最もコンパクトなモデルである「DS 3」は、今回のモデルチェンジによりフロントグリルを一新。シトロエンのアイデンティティであるダブルシェブロンから、DSブランドのシンボルであるDSウイングに変更された。シトロエンブランドから独立したプレミアムブランドであるDSのモデルは、これですべてダブルシェブロンからDSウイングに改められ、ラインアップが完成したといえる。

新型「DS 3」は「ビークルパーソナリゼーション」と呼ばれるシステムが最大の特徴。ルーフの形状やボディカラーコンビネーション、トランスミッションなどを含め、最大55パターンの中から自分だけの1台を選ぶことができる。シャークフィンと呼ばれるサイドピラーや、ルーフが宙に浮いているように見えるフローティングルーフは継承しつつ、LEDのフォグランプやシフトレバーなど、全体的に質感を向上させている。

価格は、1.2リットル3気筒ターボエンジンと6速オートマチックを搭載する「DS 3 シック」が259万円。同じパワートレーンの「DS 3 カブリオ シック」が304万円。1.6リットル4気筒ターボエンジンと6速マニュアルトランスミッションを搭載する「DS 3 スポーツ シック」が299万円(価格はすべて税込)。

(山津正明)