『映画 聲の形』キービジュアル ©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

写真拡大

劇場アニメ『映画 聲の形』の続報が発表された。

【もっと画像を見る】

今回の続報では、元ガキ大将・石田将也の声を映画『千と千尋の神隠し』のハク役などで知られる入野自由、聴覚障害を持つ少女・西宮硝子の声をテレビアニメ『バクマン。』の亜豆美保役を務めた早見沙織が演じることが判明。

また劇中音楽をソロユニットagraphとしても活動する牛尾憲輔が担当することもあわせて発表された。テレビアニメ『ピンポン』でも劇中音楽を担当したほか、これまでもアニメ作品に楽曲を提供している牛尾だが、劇場版アニメの音楽を全面的に担当するのは『映画 聲の形』が初となる。

9月17日から東京・宿ピカデリーほか全国で公開される同作は、『週刊少年マガジン』で連載された大今良時による漫画『聲の形』をもとにした作品。学生時代のある出来事以来、周囲から孤立して心を閉ざした将也と、小学生時代に将也から無邪気な好奇心を向けられた転校生の硝子が、高校生となって再会するというあらすじだ。アニメーション制作を京都アニメーションが担当し、監督を『けいおん!』シリーズの山田尚子が務める。脚本は『ガールズ&パンツァー』の吉田玲子、キャラクターデザインは『氷菓』『Free!』の西屋太志。