道端で大金を拾った8歳男児がその場で落とし主を待ち続け、話題となっている。

写真拡大

小学3年生になったばかりの夏啓厳くん(8)は「金を拾っても猫ばばしない」という成語の意味がまだ分からない。しかし、「お金を拾ったら返さなければいけない。パパとママが教えてくれたから。道端でお金を拾ったら、警察のおじさんに渡すこと」と話す。華西都市報が伝えた。

【その他の写真】

5月23日、授業が終わり一人で家に帰る途中の夏くんは四川省成都市双流の街角でブラウンの財布を拾った。中を空けてみると現金2600元(約4万4000円)と身分証、銀行のキャッシュカードが入っていた。「落とし主は絶対に困っている」。夏くんはその場で財布の持ち主を待つことにした。そして20分後、落とし主の楊さんが現れた。目の前の人と財布の中にあった身分証の写真が同じということを確かめた夏くんは財布を渡したあと、あっという間に走り去っていった。楊さんは数百メートル追いかけて彼を止め、名前と学校は聞いたがクラスを聞けずじまいだった。

楊さんはあちこち探し回り、男の子が通う新興小学校をつき止めた。守衛室から4人のクラス担任に聞いたところ、ようやく夏くんのクラスがわかった。24日午前11時ごろ、楊さんは200元(約3400円)で鉛筆2本、本2冊、コマ1箱を購入し、再び学校を訪れ、この男の子の下校を待った。(提供/人民網日本語版・編集/JK)