夏の終わりはせつないから、夏の始まりは東京でアペロする #apero

写真拡大

6月は梅雨の季節だからといって、気分を下げる必要はゼロです。なぜなら、6月には「夏至の日」というスペシャルな日があるから!

夏至の日は、アペロしたい

昼間が一年でいちばん長くなる夏至の日。太陽がいつまでも上がっていて、夏が来る! とワクワクそわそわしてきます。そんなときは、太陽と一緒に外で過ごすのが最高。

そして、美味しいお酒と楽しい会話、素敵な音楽があれば尚のことよし! いつもは暗くなってから飲み始めるお酒も、この日だけは明るいうちから楽しみたい。そう、夏至の日は「アぺロ(#apero)」しよう!

アペロってなに?

「アペロ」ってなに? という人は、まずこちらの記事で復習を。

マジックアワーに0.5次会。東京女子のアペリティフ

いま、東京でアペロするならココ!

東京にはアペロできるスポットが充実しています。雰囲気もお酒も、自分の気分に合わせて選んで。

・【表参道】乾杯相手がいなくても。夜風に吹かれてビールは最高

・【表参道】バケツいっぱいのムール貝を666円なら、行っちゃうよね 

・【六本木】気分を上げるのはシャンパン。東京ミッドタウンでシュワシュワ

・【御茶ノ水】抹茶ビールに抹茶ワインにノンアル抹茶ビールに...抹茶だらけのビアガーデン

夏の終わりはなんだかせつなくなるから、夏の始まりは思いっきりはしゃいでむかえたい。そんな夏の始まりにアペロすれば、楽しい予感で脳内が埋め尽くされそうです。

photo by PIXTA

この記事を気に入ったら、いいね!しよう

GLITTYの最新情報をお届けします。

FOLLOW US ON Twitter

FOLLOW US ON Instagram

文/グリッティ編集部