26日、中国・ファーウェイが韓国・サムスン電子を相手取り、特許権侵害訴訟を起こしたことが分かった。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年5月26日、AP通信によると、中国・華為(ファーウェイ)が韓国・サムスン電子を相手取り、特許権侵害訴訟を起こした。

ファーウェイは25日、サムスン電子が特許権を侵害しているとして、米国と中国の裁判所に訴訟を起こした。ファーウェイは、サムスンが第4世代携帯電話の技術や運営システム、ユーザーインタフェースソフトウェアをファーウェイの許可なく使用していると主張している。サムスンは電子メールで声明を発表し、訴状を十分に精査し、サムスンの事業利益を守るために適切な対応をすると述べた。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「待ってくれ、ファーウェイは特許なんて持っているのか?」

「冗談に違いない」

「笑えるな」

「じゃあ、アップルはファーウェイを提訴しなければいけないよ」

「ファーウェイは墓穴を掘っている」

「わあ、いいね。他社をコピーする企業同士が訴訟している」(翻訳・編集/蘆田)