ムロツヨシが本名を明かさない理由 離婚した母親に対する気遣いで

写真拡大

27日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)で、俳優のムロツヨシが、芸名で活動する理由を告白した。

番組では、2013年の連続テレビ小説「ごちそうさん」(NHK総合)の建築家役でブレイクしたムロをゲストに迎え、その波乱の人生にスポットを当てた。

ムロは、自身が4歳のころに両親が離婚しており、親権が父親に移ってから一度も母親と会ったことはないそうだ。しかも、父親もすぐに他の女性と親密になり、ムロは親戚の家で育てられたという。

その後、ムロは21歳から芸能活動を開始する。芸名を選んだのは、どうやら母親を気遣ってのことらしい。ムロの本名は珍しい名字のようで、芸名にしなければ母親に知られてしまう可能性があった。母親にはすでに新たな家族があったようで、もしテレビなどを通して我が子だと気づいたら「目障りだろうな、と思った」とのことだ。

しかし、ムロによると、「テレビに出るどころか、芸能活動を始めてから17〜18年食っていけなかった」と言って笑いを誘い、「(今となっては)本名でもよかったんじゃないかって」と自身の芸能人生を振り返っていた。

【関連記事】
黒柳徹子が三代目J Soul BrothersのELLYに無茶振り 番組テーマ曲で踊らせる
黒柳徹子が都市伝説を超える真実を明かす 「ノーブラ歴」は82年か
黒柳徹子 大ベストセラー「窓ぎわのトットちゃん」の印税の使い道