日本人は礼儀正しいと言われるが、中国人からすると電車内などで日本人が高齢者などに自発的に席を譲らないのが不思議で仕方ないようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本人は礼儀正しいと言われるが、中国人からすると電車内などで日本人が高齢者などに自発的に席を譲らないのが不思議で仕方ないようだ。

 中国メディアの青網はこのほど、中国でも高齢者に座席を譲るかどうかをめぐって問題となるケースが多いことを伝えつつ、日本は「高齢者に自発的に席を譲るという習慣がない国だ」と紹介した。

 記事は、日本在住の中国人による体験談を紹介しており、日本では席を譲られた高齢者の多くが「感謝を示しつつも、譲られた席に座ろうとしない」と紹介。一方、譲られた席に座る高齢者も「席を譲った側のメンツを立てるために座るのだ」と論じた。さらに、日本人は他人に席を譲らないわけではないとし、身体の不自由な人には進んで席を譲っていると紹介。

 日本人にとって高齢というのはあくまでも年齢を重ねていることを意味するものであり、「決して不健康を意味するものではない」とし、そのため高齢者だからといって無条件に席を譲るわけではないと論じた。また、日本人は他人に迷惑をかけること、他人から迷惑をかけられることを嫌うとし、「席を譲られた側は相手に迷惑をかけてしまったと捉え、不愉快にさせてしまう可能性もある」と主張した。

 中国ではもともと高齢者は無条件に「敬うべき存在」と考えられてきたが、近年はその考え方に変化が生じているようで、席を譲られて当然と考える高齢者と席を譲ろうとしない若者が車内でケンカをする事例も発生している。

 中国では数年前、路上で転倒した高齢者を助けた人が逆に高齢者から「転倒させられた」として訴えられる事例が多発した。その結果、誰かが転倒しても訴訟沙汰を恐れて誰も手を貸さない風潮が広がったが、中国で高齢者に席を譲らないトラブルが生じるのは、こうした風潮が背景にあるのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)