学んで遊べる全10モード搭載

写真拡大

バンダイナムコグループでゲームおよび玩具などを手がけるメガハウス(東京都台東区)は、デジタルスケッチブック「おえかきアーティスト」を2016年7月上旬に全国の玩具取扱店などで発売する。

9型のワイド液晶パネルに付属の専用タッチペンで絵を描くと、描いた絵が動き出す「動く絵モード」、パラパラアニメを簡単に作れる「パラパラアニメモード」など、学んで遊べる全10モードを搭載。デジタルならではの"おえかき遊び"を、子供の成長に合わせて長く楽しめるという。

30万画素カメラを搭載し、「カメラモード」で撮影した写真に落書きできる。「マンガ作成モード」では写真が薄く現れ、トレースして上手に絵を描けるほか、「パラパラ写真モード」では写真を使用したコマ送り動画を作成可能だ。

使用できる色は全96色で、"えんぴつ"や"筆ペン"など4種類、線の太さ3種類の計12種類の画材から選択できる。使用する色ごとに音が流れ、タッチペンを楽しく動かせる。内蔵メモリーに約150枚の絵を保存できるほか、別売のmicroSDカードにも対応する。

電源は単2形乾電池×3本(別売)で、アルカリ乾電池による連続使用時間は約4時間。別売の専用ACアダプターも使用可能。

価格は2万円(税別)。