日本参加のAFC U-16選手権組み合わせ決定 現在のU-16代表には元バルサFW久保建英も

写真拡大

▽アジアサッカー連盟(AFC)は26日、9月15日からインドのゴアで開催されるAFC U-16選手権インド2016の組み合わせ抽選を行った。森山佳郎監督率いるU-16日本代表はグループBで、オーストラリア代表、ベトナム代表、キルギス代表と同居している。

▽今大会は、グループステージを総当り戦で行い、各グループの2位チームがノックアウトステージに進出。準々決勝に勝利した上位4チームが来年にインドで行われるU-17ワールドカップの出場権を獲得する。U-16インド代表が準決勝に進出した場合、準々決勝で敗れた4チームによる5位決定戦で出場権を争う。



◆AFC U-16選手権インド2016組み合わせ

【グループA】

インド、イラン、サウジアラビア、UAE

【グループB】

オーストラリア、日本、ベトナム、キルギス

【グループC】

韓国、マレーシア、オマーン、イラク

【グループD】

朝鮮民主主義人民共和国、ウズベキスタン、タイ、イエメン

▽U-16日本代表は、27日からインド・ベトナム遠征を行う。遠征メンバーには、元バルセロナ・ユースのU-18FC東京FW久保建英(14)も招集されている。