今季も圧倒的な強さを見せている金庚泰(撮影:ALBA)

写真拡大

〜全英への道〜 ミズノオープン 2日目◇27日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(7,415ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー『〜全英への道〜 ミズノオープン』2日目。午前組の全選手がホールアウトし、3アンダー・7位タイからスタートした金庚泰(キム・キョンテ/韓国)が9バーディ・1ボギー“64”とビッグスコアを叩き出し、トータル11アンダー首位浮上。今季5戦中2勝しているが、3勝目を視界に捉える位置につけた。
【関連】国内男子ツアーフォトギャラリー
 2位にはトータル8アンダーの朴相賢(韓国)。3位にはトータル7アンダーで今平周吾がつけている。また初日5アンダー首位タイからスタートした小平智は2バーディ・1ボギーと1つ伸ばして最終18番パー5を迎えたものの、このホールをダブルボギーとしてしまい、4アンダー・7位タイに後退した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>