大田区での路線バス事故 「睡眠時無呼吸症候群」で眠気に襲われたか

ざっくり言うと

  • 15年1月、大田区で路線バスが電柱に衝突し乗客19人が重軽傷を負った事故
  • 運転手は事故後の検査で、「睡眠時無呼吸症候群」と判明していた
  • 事故当時、運転手が強い眠気に襲われたとみられている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング