男子は「彼女の仕事の話」が正直しんどい #男子の本音

写真拡大

アラサー男子のホンネ。それは「恋愛がしんどい」。

女子は恋愛をがんばるけど、そのがんばり、男子にちゃんと届いてる? 意外と男子はしんどいって思うことがあるんです。

今回のテーマは「男子は女性の仕事の話が正直しんどい」。一体、何がどうしんどいのか。男子のホンネを聞いてみました。

「彼女が仕事熱心だと、会ってても仕事の話をされてしんどい。ネタがそれしかないのかよって思う」(34歳・不動産関係)

「仕事の相談をされても、具体的なことは分野が違うからわかんないし、興味もないから話しようがない」(30歳・公務員)

「デートなのに仕事の話ばかりしてくる女は嫌だね。一緒にいて疲れる。仕事をオフに持ち込まない人がいいな」(28歳・マスコミ)

話すネタが仕事ばかり

男性とのデートで、ついつい話すネタが仕事ばかりになっている女性は要注意。たいていの男性は女性の仕事の話はあまり好きではありません。仕事しかしていなくて、話すネタが仕事しかなければ、つき合っても楽しくないと思われてしまいます。

分野が違うから正直わからない

専門分野が違うのに、仕事の相談をされても「知らんがな」と思ってしまいます。具体的なアドバイスができないし、よく事情がわからないまま聞いているのも苦痛。早くこの話が終わらないかなと、願うばかりです。

話してて疲れる

貴重なオフの時間に女性とデートしているのに、彼女の仕事の話を聞かされるなんてたまったものじゃありません。もっと、たわいもないお互いを知れるような話をするべきです。会っていて気が楽になる、癒しをくれる女性を男性は求めています

男子にとっては、「彼女の仕事の話なんか、1秒も聞きたくない」というのがホンネ。「今日会社でこんなことがあってね」「うちの上司考えられなくない?」と話されてもどうでもいいし、女性の「ただ聞いてほしい」というのに付き合うことがしんどいのです。

仕事を頑張っている姿は魅力的ですが、仕事の話をしすぎないように気をしましょう。

あわせて読みたい

・男子は「スマホ画面が割れている女」が正直しんどい

・男子は「先の予定を立てられる」のが正直しんどい

・男子は「ボディタッチ」が正直しんどい

この記事を気に入ったら、いいね!しよう

GLITTYの最新情報をお届けします。

FOLLOW US ON Twitter

FOLLOW US ON Instagram

photo by PIXTA