今年もニュルブルクリンク24時間レースのレースウイークが始まりました。

昨年はSP3Tクラスでぶっちぎりの優勝を飾ったSTIチームのピットにお邪魔しました。

1

今年もWRX STIで2連覇を狙うSTIチーム。
記念撮影では、楽しそうな雰囲気を見せつつも、ドライバーもディーラーメカニックの皆さんも気合充分です。

とはいえ、今年は富士スピードウェイでのシェイクダウンテストでクラッシュするなど、どうも流れが悪くありませんでした。

「去年は去年でレース前にクラッシュして大変だったですが、今年はもっと大変でした。いままでで一番かもしれませんね。チームのみんなは、逆境になるほど力を発揮してくれます」と辰己総監督。

ゴールデンウイーク前に修復作業を完了し、日本からドイツに車両を送ってからは、同じコースで戦うVLN耐久選手権でこれまでの最速タイムをマークするなど、完全に復調したとのことです。

「今年はこちらに来てからはとても順調ですよ。車検もピットの設営も極めてスムーズに進みました」とエンジニアの坂田さん。

決勝はパブリックビューイングやJ SPORTSでの生中継、ネット生中継などが実施されますので、観戦&応援のほどよろしくお願いいたします!

(ハイパーレブ渡辺)

昨年クラス優勝のSTIチーム辰己総監督が「今までで一番」と思うことは?【ニュル24現地レポート01】(http://clicccar.com/2016/05/27/374508/)