初めて訪れた場所や国では、現地の習慣に適応できないゆえに「ここは変わった所だな」と思うことがよくある。しかし、慣れてしまえばどうということはなく「ここも自分の所も大して変わらないな」という認識に変わっていくものだ。中国メディア・捜狐は24日、「これらのことを知っていれば、日本が何も特別な場所だとも思わなくなる」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 初めて訪れた場所や国では、現地の習慣に適応できないゆえに「ここは変わった所だな」と思うことがよくある。しかし、慣れてしまえばどうということはなく「ここも自分の所も大して変わらないな」という認識に変わっていくものだ。中国メディア・捜狐は24日、「これらのことを知っていれば、日本が何も特別な場所だとも思わなくなる」と題する記事を掲載した。

 記事は、日本にやってきた当初は戸惑いを感じるかもしれないが、滞在期間が長くなるにつれて自然と慣れてくるような、日本社会の習慣について列挙している。例えば「ピーク時の電車には女性専用車がある」、「至るところにカラスがいて、人を怖がらない」、「みんなマスクをする。病気でなくても、すっぴんを隠すためにもする」、「コンビニでは目立つところに大人向け雑誌が陳列されている」などだ。カラスの多さは、日本人ですらしばしば恐怖を感じるのだから、初めて見た人の恐怖感は相当なものだろう。

 ほかには「日本のバラエティ番組の下品さは底なし」、「どんなに仲のいいカップルでも、歩くときには距離感を保つ」、「ティッシュを持ち歩かなくても、街でいっぱい配っている」、「車が人を譲り、人が車を譲るから、まごまごする」、「お金がピンチの時は、スーパーで値下げを待つ」といった点が挙げられた。中国では同性の友だちどうしでもベッタリくっついて歩く。日本人から見ると「あの女子2人はできてるのか」と思ってしまうほどである。

 また「家具や家電を捨てるのにお金がかかる」、「日本のいわゆる『公園』は、猫の額ほどの場所である」、「電車は人身事故が日常的で、起これば全線でストップする」、そして「何を見ても『可愛い』、何を食べても『美味しい』と言う」なども取り上げられている。

 実はこの記事では、取り上げた数の倍以上の項目がズラリと並んでいた。「これらを知れば」とは言うものの、これだけたくさんのことを知って理解するにはかなりの時間を必要としそうだ。ということは、やはり中国の人にとって日本は特別というか、実に不思議な国であり、慣れるのも大変なのかもしれない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)