寝坊した朝に!5分で簡単「引き算メイク」のポイント5つ

写真拡大

いつもより遅く起きてしまった朝。「時間はないけれど、メイクをしないで外出する訳にはいかないし、どうしよう」なんて経験、みなさんあるのではないでしょうか?

仕事に行く途中に電車の中でメイクするのはみっともないし、幼稚園のお見送りだけと言っても、他のママにすっぴんを見られるのは恥ずかしいし、陰で何を言われるかわからなくて心配ですよね。

でも、そんな時間がない朝でも、5つのポイントを押さえておけば、マスクや帽子で顔を隠さなくても大丈夫です!

元美容部員として働いた経験のある筆者が、時間がない朝でも安心してお出かけできる簡単メイクの抑えるべきポイントをご紹介いたします。

 

■1:目の下の三角ゾーンが肌の第一印象を決める

年齢を重ねるほど、ファンデーションで隠したいところも多くなり、メイクをする前の下地に時間がかかる人も多いと思います。

日焼け止め効果も入ったBBクリームを一気に、顔に伸ばしてつけるというのも一つの方法ですが、時間がない時に焦ってつけると全体にムラができてしまい、肌が汚く見えてしまうことがあります。そこでおさえておきたいのが、目の下の逆三角形ゾーンです。

この逆三角形のゾーンは人の目につきやすい場所で、このゾーンの肌を綺麗にしておけば、肌全体が綺麗に見えると言われています。

そこで、日焼け止めを顔全体に一気に伸ばしてつけた後に、この目の下逆三角形ゾーンだけにファンデーションを丁寧につけます。そして全体的に、ルースパウダーなどの薄い色がついた粉で顔全体のテカリを抑えます。以上でベースは、終わりにします。あっという間に終わって肌も綺麗に見えます。

そしてベースメイクが終わったら、各ポイントメイクをしていきましょう。

 

■2:チークは薄い色を選ぶ

“お化粧は、足し算は簡単だけど引き算は難しい”とよく言われています。

それは“濃いメイクを薄く直すことが難しい”ということ。ただでさえ時間がないのだから、メイクの失敗は許されません。そこで、色物は薄い色味を選ぶようにしましょう。

ベースを簡単に済ませたので、肌の血色をよく見せるために、できればパール感のあるチークを選ぶといいでしょう。チークをつける時に悩むのが、どの位置にチークをのせるかということ。

そこで、簡単に位置を決める方法があります。それは“ニコッと笑って、頬が一番高くなる位置”です。よく小さい頃ほっぺたで「たこ焼き〜」と言いながら掴んでいた辺りです。そこにササッと一色のチークをのせて終わりにします。

次に、顔の印象を左右する眉について、どうしたらよいのかご紹介します。

 

■3:眉毛はパウダータイプのアイブロウでナチュラルに

前髪があれば眉毛を描かなくても隠せるかもしれませんが、風が吹いたら大変ですよね。眉毛を描くのに一番時間がかかるという方、すごく多いと思います。左右均一に綺麗に仕上げることは、時間がある時だって大変です。

時間がない時に、眉毛を描く場合はパウダーアイブロウを使うことをお勧めします。

パウダータイプのアイブロウは、やんわり色がついてナチュラルに仕上がるので、多少失敗しても目立たないので安心です。時間がない時は眉毛の少ない部分に、ブラシで穴埋めをするようにパウダーアイブロウをのせるだけにしましょう。

“眉尻に眉毛がない”という方は、眉尻だけ簡単にペンシルタイプで薄く描くことをお勧めします。あくまで、薄くがポイントです。ナチュラル風の眉毛に仕上げるようにすれば、時間がなくてもそれなりの眉毛メイクに仕上げることができます。

 

■4:アイメイクは一つだけにして時間短縮

いつもならアイラインを引いてからアイシャドウをつけて、マスカラで仕上げるところを、時間がない時は一つに絞ります。

(1)アイラインをペンシルタイプのもので引いて、ラインをアイシャドウでぼかしながらつけて仕上げる

(2)アイライン、アイシャドウを使用しないでマスカラをしっかりつけてアイメイクを仕上げる

このどちらかを選びます。マスカラだけを選んだ場合、まぶたに赤みがあったりすると顔が腫れぼったく見えることがあるので、無色に近い薄い色のラメパウダーをまぶた全体にのせると肌が明るくみえるのでお勧めです。

 

■5:仕上げのリップメイクも忘れずに

歳を重ねると、唇の色が薄くなり輪郭もぼやけてきます。そこで、最後の仕上げに顔に締まりを入れるためにも、リップメイクも忘れずに行ってください。

急いでいる時は、リップグロスだったらリップクリーム感覚で簡単につけることができて、唇にツヤもでるのでお勧めです。ただし、その場合は無色のリップグロスではなくて、多少色味の入った物を選んでください。

 

いかがでしたでしょうか? この5つのポイントをおさえておけば、慣れてしまえば5分で簡単にメイクを仕上げることができます。

ポイントは“引き算メイク”です。時間がない時のメイクは、とにかくナチュラルに仕上げましょう。そして休憩時間などに化粧直しついでに、朝できなかった部分をプラス(足し算)していけばいいのです。

そもそも素肌がキレイだったら、メイクにかける時間も少なくすることができます。普段から、お肌のお手入れもしっかりしておけば、安心して寝坊することができるかもしれませんね。

(ライター やまさきけいこ)

 

【関連記事】

※ 生理前のアノ行為が原因…?止まらない「ポチャ化」を防ぐコツ3つ

※ そのアイシャドーが…おババ度アップ!「残念な老け顔」NGメイク4つ

※ もはやキャバ嬢?男性ドン引きの「やり過ぎ感出まくり」痛〜いメイク&ヘア

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ これでもう汗に悩まない!? 脇汗が驚くほど止まる「毎朝5秒の習慣」とは

※ 結婚してもずっとキレイ!芸能人のスタイルキープ法とは

※ 「毛穴の黒ずみ」が消える!? 杉本彩もドはまりの●●がすごいクレンジング

 

【姉妹サイト】

※ エッ…コレで治るの!? 家にある食材で「吹き出物を治す」裏ワザ4つ

※ ダイエットに効果的!「基礎代謝を上げる」運動と食事で痩せ体質に

 

【画像】

※ Studio-FI / PIXTA(ピクスタ)