日本ならではの美しさ。「和装前撮り」のベストショットまとめました

写真拡大

白無垢や色打掛など、日本ならではの和装ウェディングは独自の美しさがありますよね。「披露宴当日はドレスだけど、前撮りでは白無垢も着る!」といった人も多いのではないでしょうか。

今回はインスタグラムで見つけた「和装前撮りのベストショット」を集めてみました。和装だからこその素敵な雰囲気が伝わる写真ばかりです!

◆白無垢で清楚な雰囲気に

 

Tomo☻さん(@tomo.wedding)が投稿した写真 -

鎌倉の妙本寺にて撮影されたのだそう。どっしりとした背景と、かれんな白無垢とのコントラストが効いていますね。

 

ma_puさん(@ma_pu)が投稿した写真 -

花嫁さんの幸せそうな笑顔が素敵な一枚!朱の和傘と紅白になって、この上なくおめでたい雰囲気に。

 

nonさん(@n.h.w.22)が投稿した写真 -

ナチュラルな雰囲気で、お二人の個性がよく出ています。緑の中に映える白無垢がとても印象的ですね。

ボールブーケと手毬にピントをあてた写真。和やかな日差しの中、新郎新婦の会話が聞こえてきそうです。

◆華やかな柄で気分も晴れやか

 

mayu*さん(@m.wedding08)が投稿した写真 -

ロケ撮影だとお天気が気がかりですが、こんなに晴れたら嬉しいですね。お花畑と相まって見事な一枚に!

シャボン玉をうまく使って、ロマンチックな構図に。色打掛の柄も景色にぴったり合っています。

顔や着物はもちろんですが、手元だけを写して指輪にピントを当てても。仲の良さが伝わってきますね。

 

yukoさん(@yu_0525_ko.wd)が投稿した写真 -

せっかくの色打掛ですから、ぜひ花嫁さんのソロショットも撮ってみては?着物ならではの美があります。

たくさんの和傘に囲まれてのショット。カラフルでありながら、きれいにまとまっている一枚です。

 

Kanamiさん(@kanami0335)が投稿した写真 -

見るからにラブラブなお二人。今だからこそできる、かわいらしい後姿を残すのも楽しそうですね。

◆前撮りといえど準備は細かく!

前撮りではあらかじめどのような写真を撮りたいか、打ち合わせの際にしっかり伝えましょう。インスタや切抜きを見せるのも◎!場所によっては室内で撮影ができないこともあるので、後悔しないようチェックを。プランのほかにかかる料金についても、2人で確認をしておきます。

前日は早めに寝て、体調を万全に。慣れない着付けや緊張で疲れた顔を撮られるのは避けたいですよね。足元が見えづらいので、あまり一人で動き回らずにスタッフの方に助けてもらいましょう。

ちょっと恥ずかしいなと思っても、それは最初のうちだけ。2人の記念すべき思い出ですから、とびきりの笑顔で写りたいですね!