浦安市は婚活から卵子凍結、不妊治療、産後ケアまで少子化対策がすごい!

写真拡大

今回の『【お得な自治体さがし】 東京+αの地域別 もらえるお金とサービス』は、千葉県浦安市です。東西線で都心へ約15分というアクセスの良さや、舞浜地区のテーマパークやホテル、商業施設からなる東京ディズニーリゾートで注目の地域。埋め立てによる市域の拡大と計画的なまちづくりをした地域なので、歩道・車道が整備されており、坂道も少ないので、ベビーカーや自転車通行者に優しい環境です。電車の駅が少ないですが、踏切がなく、渋滞が少ない、駐車場代も1万円台で、これは車ユーザーには利点のようです。

■浦安市の助成、サービスの特色

●出会い・結婚から妊娠・出産・育児まで切れ目のない支援

浦安市の子育て支援プロジェクトは、福祉先進国フィンランドのネウボラ(子育て支援を行う施設)を参考にした「妊娠から就学時まで切れ目なく支援を行う」というものです。まず、結婚のための出会いの場を提供する婚活パーティーを市内の民間施設と協力して開催しています。ほかにも卵子凍結保存など新しいことにも積極的に取り組んでいる浦安市。結婚してからは、不妊治療の助成だけでなく、不育症にも助成金が出ます。妊娠出産子育てに関しては、もちろんさまざまなサービスが受けられますが、中でも個別に専門家が子育てケアプランを立ててくれるなど新しい試みの事業を展開しています。これだけ若年層に手厚いのは、国の地域少子化対策強化交付金を活用しつつも、浦安市は高齢者が少なく(65歳以上人口率が約15%)全国1の財政力指数と誇る地域という背景があるからなのです。

■浦安市に住むのにオススメな人

●近い将来子どもがほしい人、特に産後頼る先がない人

妊娠すると、まず子育てケアプランを個別にたててくれるサービスがあり、初めての新米ママでも安心して子育てできます。出産するとオリジナルマザーズバック、肌着や靴下などの衣類の「こんにちは あかちゃんギフト」や市内協賛店で利用できる5000円相当の金券がもらえますよ。里帰りして出産できない女性の場合、非常にありがたいサービスも行っています。病院と提携した宿泊型の産後ケアを1日6000円(3食付き)で最大7日間利用できるのです。助産師さんがお母さんと赤ちゃんのケアや相談にのってくれるので、不安やストレスを軽減させられますね。日帰り型の産後ケアは オリエンタルホテル東京ベイで1回4000円で、ケアを受けながら豪華なランチも食べられます。パートナーが激務で両親にも頼れそうのない人の場合、安心して妊娠出産育児のできる自治体かもしれませんね。

■浦安市基本情報

●主要駅

浦安、舞浜、新浦安

●家賃相場(順位は千葉県で高い順)

ワンルーム:6.56万円(1位)
2LDK:10.74万円(2位)

●物価(メインスーパーの商品価格)

駅近くと、住宅地近隣に大型スーパーがあります。価格帯は都内より安め。
商品の参考価格:牛乳(1L):158円/食パン(6枚切り):125円/たまご(10個):166円/トイレットペーパー(12ロール):235円

※西友浦安店
※※価格は本体価格

■浦安市で受けられる助成やサービス

●住まい

・コミュニティバス〜おさんぽバスが利用できる

公共施設利用の利便性向上のために、料金100円(未就学児は無料)で2系統運行。東京ベイ・浦安市川医療センターと新浦安駅間を片道約30分で、舞浜駅と新浦安駅間を片道約50分で運行している。

・防災グッズがもらえる

防災袋(給水袋、簡易トイレ入り)、消火器1本が無償配布される。希望者には防災ラジオが1000円で購入できる。

●女性の健康

・乳がん(超音波)検診……30歳代の方、40歳代奇数年齢は無料で受けられる。

・子宮がん検診……頸がん、体がんとも20歳以上、年度内1回無料で毎年受けられる。

●結婚

・うらやす婚活応援プロジェクト

市が主催する観光イベント「婚活 in 浦安リゾート」として市内のリゾートホテルで婚活パーティを開催。過去2回は舞浜のサンルートプラザ東京、浦安プライトンホテル東京ベイで25歳〜45歳の独身男女100人を募集し、参加費は6000円でした。

●不妊治療

・卵子・卵巣凍結保存技術を活用した不妊治療研究

順天堂大学医学部附属浦安病院で、何らかの理由ですぐには子どもを産みたくても産めない女性に対し、卵子・卵巣凍結保存技術を活用した不妊治療を行うもの。市内在住の卵子凍結保存を望む女性で、採卵時の年齢が20歳から34歳まで(がん治療などにおいて化学療法が必要な場合は39歳以下)が対象となり、セミナー受講が必須。卵子凍結保存は研究として行われるため、費用については、病院が特別料金を設定するので通常よりも低料金で受けられる。

・浦安市特定不妊治療費等助成

千葉県特定不妊治療費助成を受けている場合に、治療方法により5万円から上限10万円 を助成してくれる。男性不妊検査についても上限1万円を限度に助成。

・不育症治療費等助成

不育症と診断を受け、それにかかわる検査・治療を受けている夫婦に対して、1年度あたり30万円を上限に助成してくれる。

●妊娠・出産

・妊婦健診助成……14回(計9万3000円)

・子育て支援パスポート

妊娠したら(もしくは18歳未満の子どもがいれば)市内の協賛店で各種割引サービスを受けられるパスポートがもらえる。協賛店は、商店、飲食店、カルチャー教室、美容室など多種にわたる。美容院やカラオケ、シネマイクスピアリでポップコーンがもらえたり、スパ&ホテル 舞浜ユーラシアで入館料が310円引きになるなどお得なサービスを受けられます。

・こんにちは あかちゃんギフト

出産するとオリジナルマザーズバック、肌着や靴下などの衣類のセットがもらえる。

・こんにちは あかちゃんチケット

出産すると、市内協賛店で利用できる5000円相当の金券ももらえる。

・産前・産後サポート事業

妊娠中からおおむね生後6カ月になるまで(希望に応じて、週1回程度訪問)話し相手や相談にのってくれる(無料)。

・日帰り型産後ケア

産後のお母さんと赤ちゃんの心身の休養および回復のためのデイケアサービスが受けられる。オリエンタルホテル東京ベイのベビーズフロア利用で1回4000円で、豪華なランチ付き。

・宿泊型産後ケア

産後のお母さんが原則7日以内、東京ベイ・浦安市川医療センター、順天堂大学医学部付属浦安病院を1泊2日 6000円(住民税非課税世帯は3000円)1日3食(初日と最終日は2食)で利用できる。

・1歳のお誕生祝い

子どもの1歳のお誕生日前後に1万円分の金券「ファーストアニバーサリーチケット」がもらえる。

●子どもの医療

・子ども医療費助成……中学3年生まで、通院1回・入院1日につき200円(調剤は無料)

●私立幼稚園

・就園奨励費補助金……年額6万円〜36万8000円 ※所得・子どもの人数による

・入園料補助金……1人5.3万円 ※所得制限なし

・授業料補助金……3歳児5000円/月、4・5歳児7000円/月 ※所得制限なし
※入園料・授業料の補助金は運営する私立幼稚園へ支給される。

●保育園

・認証保育所通園児補助金……基本3歳未満児2万5000円、3歳児1万4000円、4歳以上児1万円(所得、兄弟の有無によって5000円から2万5000円の追加あり)

・簡易保育所通園児補助金……保育料は施設によって異なる。基本3歳未満児2万3000円、3歳児1万2000円、4歳以上児1万円

※認可保育園の月額保育料:3万9900円(第1子・中間階層世帯)

※※助成やサービスに関する情報は、2016年5月24日時点のものです。

(岩崎弘美/フォルサ)