マレーシアとシンガポールを結ぶ高速鉄道計画に対し、中国鉄路総公司の盛光祖総経理が率いる代表団がこのほどマレーシアを訪問し、同計画の受注に対して強い関心と意欲を示した。中国では同計画の受注に向けて最大のライバルはやはり日本だという見方が一般的だ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 マレーシアとシンガポールを結ぶ高速鉄道計画に対し、中国鉄路総公司の盛光祖総経理が率いる代表団がこのほどマレーシアを訪問し、同計画の受注に対して強い関心と意欲を示した。中国では同計画の受注に向けて最大のライバルはやはり日本だという見方が一般的だ。

 中国メディアの和訊網はこのほど、同計画への入札に関心を示しているのは日本をはじめ、韓国や欧州の企業だと伝えつつ、「インドネシア高速鉄道と同様に、日中の対決となりそうだ」と主張。さらに、中国側が大手企業のトップたちを代表団としてマレーシアに派遣したことは「日本という強力なライバルに打ち勝つため」との見方を示した。

 記事は、同計画の莫大な予算をめぐって各方面が熾烈な受注競争を展開していると紹介。一方、マレーシアの資金ニーズに対して、どれだけの支援を提供できるかが受注の成否を大きく左右することになるはずだと指摘し、「中国高速鉄道のコストの安さおよび、資金力はマレーシアに取って魅力的」であると論じた。

 続けて、日本側と中国側はここ1-2年、相次いで政府関係者がマレーシア入りしていると伝え、メキシコやインドネシア、タイ、インドなどと同様、「マレーシアとシンガポールを結ぶ高速鉄道計画においても、日本と中国が最終的に受注をめぐって争うことになるだろう」と指摘した。

 同計画の受注競争は熾烈なものとなりそうだが、日本は競争を有利に進めることはできるだろうか。中国の一部メディアによれば、シンガポール側は新幹線に好意的な見方を示しているという。だが、同計画における大部分の区間はマレーシア側に敷設されるため、マレーシア側はより巨額の建設費用を負担しなければならないが、マレーシア側は中国高速鉄道のコストパフォーマンスを高く評価していると主張するメディアもある。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)