26日、カナダ政府はこのほど、中国人3人に対する永久移民申請を却下した。資料写真。

写真拡大

2016年5月26日、カナダ政府はこのほど、中国人3人に対する永久移民申請を却下した。「3人は通信機器の世界最大手・華為技術(ファーウェイ)に勤務しており、スパイ活動に携わっている可能性がある」ことが理由としている。環球時報(電子版)が伝えた。

カナダ紙グローブ・アンド・メールによると、華為のカナダ支社幹部は「3人は当社と関係ない」と否定している。さらに、カナダ当局は同じく永久移民を申請した中国人夫妻に対し「夫は華為の社員、妻は元社員」として却下した。

華為は現在、世界170カ国・地域に事業を展開。しかし、このところ世界各地で同様の移民拒否問題が発生している。12年には米下院情報委員会が、華為が「ネットを通じたスパイ活動に関与している」と指摘。オーストラリアも同年「ネットの安全確保に懸念がある」としたものの、華為はこれを否定。オーストラリア事業を継続している。(翻訳・編集/大宮)