6位タイスタートを決めた横峯さくら(撮影:GettyImages)

写真拡大

<LPGAボルヴィック選手権 初日◇26日◇トラビスポイント・カントリークラブ(6,709ヤード・パー72)>
 米国女子ツアー新規トーナメント「LPGAボルヴィック選手権」は、ミシガン州のトラビスポイントCCで第1ラウンドを行い、横峯さくらが3アンダーの6位タイと好スタートを切った。OUTから出ると5番ボギーのあと6番、8番とバーディ。後半は11番もバーディとしてスコアを伸ばすと、12番はボギーとするも14番、最終18番とバーディとしてスコアを伸ばした。

 4人が出場する日本勢は上原彩子がイーブンパー33位タイ、宮里藍は1オーバー49位タイ、野村敏京は9番ホール途中で棄権している。
 首位に立ったのは8アンダーまでスコアを伸ばしたクリスティーナ・キム(米国)。1打差の2位に3連勝を狙うタイのアリヤ・ジュタヌガーンがつけた。4アンダーの3位タイにはマリーナ・アレックス(米国)、ミンジー・リー(オーストラリア)、リュ・ソヨン(韓国)が続いている。
【初日の順位】
1位:クリスティーナ・キム(-8)
2位:アリヤ・ジュタヌガーン(-7)
3位T:マリーナ・アレックス(-4)
3位T:ミンジー・リー(-4)
3位T:リュ・ソヨン(-4)
6位T:横峯さくら(-3)
6位T:アサハラ・ムニョス(-3)
6位T:サデナ・パーク(-3)
6位T:サマンサ・リッチデール(-3)
33位T:上原彩子(E)他
49位T:宮里藍(+1)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>