画像

写真拡大 (全2枚)

 ソネット・メディア・ネットワークスは、人工知能とDMPの活用で優良顧客と類似したユーザーを発見し、ターゲティング広告を配信する『Logicad潜在顧客ターゲティング』をリリースした。

 ソネット・メディア・ネットワークスは、人工知能とDMPを活用した新サービス『Logicad潜在顧客ターゲティング』の提供を開始した。

 同サービスでは、広告主のCRMデータなどから優良顧客のデータを抽出し、その顧客のIDと同社が新たに構築したDMP「Logicad DMP」を連携。そしてユーザーの行動ログを同社開発の人工知能「VALIS-Engine」が解析し、優良顧客と類似した潜在顧客層を見つけ出す。どのデータをもとにDSP『Logicad』によるターゲティング広告配信を行う。

 以前より不動産業界に特化した同様のサービスを試験運用していたが、レポート機能などの拡充を行い、全業種に対応した。

MarkeZine編集部[著]