原作者もIT企業で働くサラリーマン

写真拡大

KADOKAWA アスキー・メディアワークスは、社畜漫画「いきのこれ! 社畜ちゃん」第1巻を、2016年5月27日に発売する。15年8月から、原作のビタワン氏がツイッターに1ページ漫画を投稿。ちょっとブラックなIT企業で働くシステムエンジニア(SE)、「社畜ちゃん」というあだ名の女の子が登場し、悲壮感満載の社畜あるあるネタなどで大人気となった。

ファンによるイラスト投稿や動画制作など二次創作も盛んで、投稿された漫画は累計11万リツイート、15万いいねを獲得。さらにデジタルコミック「(アットビタミン)」でも連載され、ついに書籍化を果たした。

原作者がツイッターに投稿した1ページ漫画49話だけでなく、40ページもの描き下ろしストーリー漫画を収録。さらに、現役SEである原作者による初心者向けプログラミング講座も掲載している。

定価は570円(税抜)。