傘を刀のようにおさめる「傘用カバン」が登場! いつでもどこでもサムライ気分を味わえるよ☆

写真拡大

じわりじわりと近づいてきている、梅雨。

お天気と連動するかのように、気分も暗くなりがちなこの時期。どうせならレイングッズを新調して、少しでも気持ちをアゲていきたいものですよね。

そこでおススメしたいのが、傘を刀のように納めることができる傘用カバン『刀剣傘鞄(とうけんかさかばん)』!

【刀が描かれてるっ!】

カバン表面に刀が描かれたこちらさえあれば、気分はサムライ。

この傘用バッグ『刀剣傘鞄』は戦国時代にまつわる商品企画などを行う、株式会社「戦国」が考案&開発。来る6月10日(金)に倉敷帆布の直営店「バイストン」にて先行発売されるそうです。

素材は岡山県産・倉敷帆布を採用。強くて丈夫で、長さが90cmもあるので、長い傘でも余裕で入ります。

【刀が描かれていないバージョンもあります】

デザインは刀剣がプリントされた「刀剣」バージョン、そして無地タイプの「無刀流」、全2種類。

遊び心でたまに身につけるならいいけれど、いつなんどきでも、刀を腰にさした “帯刀状態” であるかのような格好で出歩くのは、正直恥ずかしい。そんなあなたは双方、TPOに合わせて使い分けてみるといいかもね!?

【海外の友人にプレゼントしても◎】

日本人というよりも。むしろ外国の方に喜ばれそうなこちらのアイテム。和装はもちろん、洋装にもハマる傘用カバンをお供にして、じめじめイヤ〜な梅雨を、なんとか乗りきろっ♪

参照元:株式会社戦国、倉敷帆布のバイストン、PR TIMES
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る