デザインも賢さもクールな次世代スマホ

写真拡大

ソフトバンクは、米Nextbit製SIMフリースマートフォン(スマホ)「Robin(ロビン)」を、運営するIoT(モノのインターネット)支援プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」を通じ1000台限定で2016年5月23日に発売した。

四角く、カドは丸みを帯びた形状で、従来のスマホとは一線を画すクールさと、ユーザーの使いやすさとの両立を強く意識してデザインしたという。

AI(人工知能)がユーザーの使用状況に合わせてクラウドへ自動的にバックアップし、必要なときにクラウドから1タップで戻すことが可能で、常にスマホ本体のストレージ容量を確保できる。

5.2型フルHD(1920×1080ドット)液晶ディスプレイ、メモリーは3GB、内蔵ストレージは32GB、オンラインのクラウドストレージは100GB。500万画素フロントカメラのほか、1300万画素のリアカメラには素早いオートフォーカス機能を搭載し、RAWモード撮影も可能。

OSはライトカスタムされた「Android Marshmallow」をプレインストールする。指紋認証、急速充電に対応。カラーはMint、Midnightの2色。

価格は3万9980円(税・送料込)。