キー、マウスとも1000万回対応の高耐久

写真拡大

パソコン本体およびスマートフォンなどの周辺機器を扱うアスク(東京都千代田区)は、台湾Thermaltake(サーマルテイク)のゲーミングブランド「Tt eSPORTS」から、ゲーミングキーボードとマウスのセット「Challenger Prime(チャレンジャー・プライム) RGB Combo」を2016年5月27日に発売。

最大18通りの設定可能な6個の「マクロキー」搭載

108キー日本語配列のキーボードは1680万色から好みの色を選べるLEDバックライトを内蔵。中央のダイヤルを回して6段階の明るさ調整が可能だ。キー耐久性1000万回のメンブレン式を採用する。左側に6個の「マクロキー」を搭載し、最大18通りのマクロをオンボードメモリーに登録できる「ゲームモード」を備えるほか、6〜8個のキー同時押しに対応。

マウスは4段階調節が可能で最大解像度3200dpiまで対応。1000万回のクリック耐久性を備えるオムロン製スイッチを装備し、手にフィットしやすいエルゴノミックデザインを採用する。

いずれもインターフェイスはUSB。カラーはブラック。

予想市場価格は6780円前後(税別)。