25日、ドイツのサッカー専門サイト「トランスファー・マルクト」が発表したデータで、中国代表26選手の合計の市場価格が香川真司に及ばないことが分かった。写真は15年のアジアカップでの香川真司。

写真拡大

2016年5月25日、華龍網によると、ドイツのサッカー専門サイト「トランスファー・マルクト」が発表したデータで、中国代表26選手の合計の市場価格が1328万ユーロ(約16億2800万円)とされ、ドルトムントに所属する香川真司1人に及ばないことが分かった。

中国代表で最も高額だったのが、広州恒大のDF張琳ホウで120万ユーロ(約1億4700万円)。張はレアル・マドリードやチェルシーなどへの移籍話が浮上したことがある。日本人トップは香川真司で1400万ユーロ(約17億1600万円)。以下、岡崎慎司が1000万ユーロ(約12億2000万円)、本田圭佑が700万ユーロ(約8億6000万円)、長友佑都が600万ユーロ(約7億3500万円)となり、日本代表22人の合計は7430万ユーロ(約91億円)となっている。

この報道に、中国のサッカーファンからは「差が大き過ぎる。まだ努力が必要」「だからワールドカップに出られないのも当然」といった声や、「レスターが本当に1000万ポンド(約16億円)で張を獲得したら、中国史上最高額になるな」と移籍話が浮上している張への期待を寄せる声が上がっている。(翻訳・編集/北田)