25日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本人の生活もそれほど良いものではなく、うらやむことはないと主張する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまコメントが寄せられた。写真は東京。

写真拡大

2016年5月25日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本人の生活もそれほど良いものではないと主張する記事を掲載した。

記事では、中国は汚くて日本とは比べ物にならないとの意見があるものの、実際には日本にも汚いところは多くあると主張。ごみのポイ捨てや落書きが見られ、ホームレスも少なくないと指摘し、関係する日本の写真をたくさん紹介したうえで、日本人の生活をうらやむ必要はないと論じた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまコメントが寄せられた。

「日本にもホームレスはいるけど、物乞いはしないよ」
「日本との差を認めることを恐れることはない。恐いのは差を認めない自己欺瞞だ」

「テストで50点だった人が90点の人を見て、『うらやむのはやめよう、あの人もたくさん間違えた』と言っているようなものだ」
「沖縄へ6日間の旅行に行ったとき、汚い所を意識して探したら確かにあった。でも6日間で目にしたのはごみをポイ捨てする同胞だった」

「民度など語る必要はない。発展こそ正義だ。国が豊かになり国民の生活レベルが向上すれば民度も自然に上がる」
「中国だってずっと進歩している。まだ発展途上なんだから仕方ないよ」

「中国人も日本人のように他人に迷惑をかけないことを学べば、民度は上がると思う」
「別にうらやましいことなど何もないね。主権すらない国で常に米国の顔色をうかがうような国だぞ」(翻訳・編集/山中)