26日、高速鉄道受注に向けてマレーシアを訪問した中国の企業団が、次の目的地であるシンガポールに移動した。写真は中国の高速鉄道。

写真拡大

2016年5月26日、高速鉄道受注に向けてマレーシアを訪問した中国の企業団が、次の目的地であるシンガポールに移動した。中国経営報が伝えた。

中国鉄路総公司の盛光祖(ション・グアンズー)総経理が率いる企業団が獲得を目指すのはクアラルンプールとシンガポールを結ぶ長さ350キロの高速鉄道事業。一行は23日にマレーシア入りし、中国の鉄道技術の安全性や技術力、建造スピードの速さをアピールした。シンガポールでも同様の活動を繰り広げるとみられている。

中国は日本の新幹線を最大のライバルとしており、マレーシアは価格面で日本の優位に立つ中国案に関心を示しているが、シンガポールは車両や信号システムで豊富な経験を持つ日本に好感を抱いているという。

東南アジア問題に詳しい中国社会科学院の専門家は、「日本はマレーシア、シンガポール両国に深く根を下ろしている」と述べ、1960〜70年代に日本が東南アジア諸国と緊密な経済協力を行った点を指摘。中国の強みを挙げる一方、「この点は無視できない」とした。(翻訳・編集/野谷)