どこにいる? こっそり生息してる「誠実男子」を見つける方法

写真拡大

「結婚」を意識し始めると、交際相手に求めることに「誠実さ」を挙げる人が多くなります。

ついこの前まで、年上男性との不倫関係にときめいていた女性でも、結婚を意識しはじめたとたん、自分のことは棚に上げ、突如「浮気しない人がいい」と言うようになります。

けれど社会には「芸能人の不倫スキャンダル」「8割の男性は浮気したことがある」「10人に1人は売春経験」など、男性の不誠実さを裏付けする情報があふれています。

重い気分になり、「誠実な男性なんていないのではないか」と不安を感じてしまいますよね。

でも大丈夫! 誠実な男性は、じつはこっそりと生息しているのです。

今回は「誠実な男性を見極める3つのポイント」をご紹介します。

1. もめ事が嫌いな平和主義

幼い頃からもめ事がきらいで、誰かと衝突するくらいならば、自分の意見をよろこんで変えるようなタイプ。

たとえ浮気願望が起こったとしても、いまの恋人ともめる原因になるくらいなら「やめておく」という人です。強く自分の意見を主張するということがないので、普段の生活の中では目立ちません。

2. 受身的な責任感が強い

与えられた自分の仕事をたんたんとこなすことが好きで、自分から積極的に行動したり、新しいことにチェレンジしたりはしません。物静かですが責任感は強く、すでにできた人間関係に責任を感じ、自分の責任範囲を広げようとはしません。

上司や同僚に誘われれば、女性が接客につくようなお店にも付き合いますが、本心ではお金のムダぐらいに思っているので、誘われた際に目元がやや苦笑いっぽくなります。

3. ひとりで没頭できる趣味がある

恋愛に興味がないわけではないけれど、ひとりで没頭できる趣味があり、仕事が終われば一目散に自分の部屋に帰ろうとするので、目立ちません。

いまの恋人にとくに不満がなければ、「仕事の時間」「恋人との時間」「そのほかは全部自分ひとりの時間」として使えることに満足するタイプ。なので、わざわざ新しい出会いを求めることがなく、浮気の可能性が低いのです。

このような性格は、ともすると「つまらない」と感じてしまうかもしれませんが、最初から目立った魅力を感じない分、後からじわじわと「付き合ってみないとわからない良さ」が見えてきます。

「パッと目立つ魅力があるけれど、すぐに浮気する相手」よりは、長い人生をともにするパートナーとして、向いているのではないでしょうか。

※この記事は2012年10月に公開されたものを再編集しています。

この記事を気に入ったら、いいね!しよう

GLITTYの最新情報をお届けします。

FOLLOW US ON Twitter

FOLLOW US ON Instagram

文/晴香葉子,photo by PIXTA