26日、国連の潘基文事務総長が「北朝鮮はこれ以上の挑発をやめ、国際的な義務を順守する方向に戻らなければならない」と述べた。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年5月26日、韓国・朝鮮日報によると、国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長が、「北朝鮮はこれ以上の挑発をやめ、国際的な義務を順守する方向に戻らなければならない」と述べた。

潘事務総長は同日、韓国・済州国際コンベンションセンターで開かれた討論会に出席し、「年初に北朝鮮のミサイル・核実験が行われ、その後、国連安全保障理事会は決議案を採択し、制裁を行うことにした。この決議案が完全に施行された時、朝鮮半島の非核化が実現する」と述べ、「全世界が断固たる姿勢で行動しなければならない」と訴えた。さらに、「ミサイル・核開発は北朝鮮の安全を阻害し、北朝鮮住民を傷つけるだけ。北朝鮮の軍事費は多いが、北朝鮮の子どもや人権は体系的に侵害されている」と指摘。その上で、「われわれは対話に向けた道を改めて探らなければならない」とし、「国連事務総長でも個人としてでも、あらゆる方法で貢献していきたい」と述べた。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「今後は誰が大統領になっても、北朝鮮に利益をもたらす政権は国家反逆とみなすべき」
「北朝鮮の言葉は信じられない。核をなくすには、金正恩(キム・ジョンウン)政権を崩壊させるしかない」

「いくら言っても無駄。北朝鮮は聞いていないよ」
「潘事務総長が韓国の大統領になったら、金正恩政権は完全に終わるだろう」

「潘事務総長は統一した朝鮮半島の初代大統領にふさわしい」
「中国やロシアがバックについていたとしても、北朝鮮が今度、ますます孤立していくことは確か」

「北朝鮮との対話は北朝鮮核問題の解決策ではないとの結論がすでに出ている。北朝鮮を徹底的に孤立させ、北朝鮮首脳部を苦しめなければならない。北朝鮮と対話するとの発想は捨ててほしい」(翻訳・編集/堂本)