いらなくなった口紅で、黒ずんだシルバーアクセがピカピカになる

写真拡大

硫化して黒ずんでしまったシルバーアクセサリーは、いらなくなった口紅を使うことでキレイにすることができるんです。

口紅に含まれる二酸化チタンが研磨剤になるため、専用クリーナーがなくても黒ずみがキレイに落ちるんだそう。

さっそくやりかたをご紹介!

用意するもの

・黒くなったシルバーアクセサリー
・口紅(何色でもOK)
・ティッシュ
・綿棒

やり方

1.ティッシュにうすく口紅を塗ります。

2.口紅を塗った面を黒ずみに押し当てるようにゴシゴシと磨く。ティッシュの汚れがひどくなったら、また新しく口紅を薄く塗ったティッシュに変えてください。

3.細かい部分やカーブなどを、綿棒を使って磨く。

4.拭き取れる黒ずみを余すことなく磨いたら、キレイなティッシュかクロスなどで余分な口紅の油分などを拭き取る。

飾りが細かいアクセサリーだと、口紅の素材が入り込み、逆に拭き取りにくくなる恐れがあるので、様子を見ながら行うようにしてください。

専用クリーナーがなくても、口紅で簡単にクリーニングできるこの方法。ぜひ試してみてください。

※この記事は2012年10月に公開されたものを再編集しています。

この記事を気に入ったら、いいね!しよう

GLITTYの最新情報をお届けします。

FOLLOW US ON Twitter

FOLLOW US ON Instagram

photo by Thinkstock/Getty Images