左SB槙野誕生へ…ハリル「ディスカッションを用意している」

写真拡大

 キリン杯に向けて発表された日本代表メンバー。しかし、左SBとして招集されたメンバーはDF長友佑都以外、見当たらない。すると、バヒド・ハリルホジッチ監督は「今回、槙野(智章)は左SBで競争してほしいと思っている」とDF槙野智章を左SBで起用すると明かした。

 ハリルホジッチ体制発足当初からメンバーに名を連ねる槙野は、CBとして起用されてゴールを守り続けてきた。しかし、ハリル体制以前には日本代表で左SBとしてプレーした経験もあり、指揮官は「このポジションでプレーしたことがあるのが、まず一つ」と左SB起用の理由を挙げた。

 浦和では3バックの左を務めて体を張った守備で相手の侵入を防ぐと、攻撃に移った際には果敢に左サイドを駆け上がって攻撃に厚みを加える。そして、指揮官が評価しているのは守備の部分だ。「これから迎える試合に対して、彼のヘディングやフィジカルの強さが必要。彼がどのように収穫していくか見て行きたい」と期待を口にしている。

 左SBを本職とするDF太田宏介やDF藤春廣輝などと競争があったようだが、「太田や藤春はオフェンス面でいいものを持っているが、とにかく彼らにはディフェンス面を上げてほしい」と攻撃面を評価しつつも守備面には不満もあるようで、「そういうこともあって槙野を左SBに置きます」と説明。

「槙野とのディスカッションを用意している。特にディフェンス面でもっともっとうまくなれとディスカッションをしたい」。槙野を左SBとして“デビュー”させるため、ハリルホジッチ監督は特別な時間を用意しているようだ。

(取材・文 折戸岳彦)