【ハリル選手評〜MF編〜】「小林祐と大島はずっと追ってきた」「遠藤航はもっと中盤で」

写真拡大

▽日本サッカー協会(JFA)は26日、6月3日と7日に行われるキリンカップサッカー2016に臨む日本代表メンバーを発表した。日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は代表発表の際、一人ひとりに関してコメントを残した。指揮官の選手評(MF)は以下のとおり。

MF

長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)

柏木陽介(浦和)

遠藤航(浦和)

香川真司(ドルトムント/ドイツ)

清武弘嗣(ハノーファー/ドイツ)

大島僚太(川崎F)

小林祐希 (磐田)

「長谷部は我々のキャプテンだ。シーズンの最後は良かった。ただ、非常に疲弊している。最後に合流するのが長谷部だが、どういう状態かわからない。彼とも何度か話したが、数日休んで、土曜日に合流する。現場でどういう調子か見る必要があり、メディカルスタッフは疲労回復をしなければいけない」

「柏木とは数試合一緒にやっている。左利きで組み立てることがうまい。パワーはないが、これからしっかりトレーニングして伸ばしていきたい。彼のことは信頼している。ただ、彼も他の選手と競争しなければいけない。昨日の試合はきつかったはずだが、アグレッシブさが出てきてプレスもかけていた。ボールを失っても前を向いてボールを奪っている。プレスのスイッチは彼が入れていた。フィジカルは以前より良くなっている。ここ最近は全ての面で向上している。得点も取れる選手であり取らせる選手。FKなどで良い結果出せればと思っている」

「遠藤は後ろでプレーしているが、もっと中盤で使いたい。パワーもある。昨日は失点に関与したが、五輪にも呼ばれるだろう。若いし、信頼しているし、クオリティもある。ただ、多くの国内組と一緒でまだまだフィジカルを向上させなければいけない。合宿では体脂肪テストして、求める基準より数値が高いならば非常に残念だ」

「香川も最後まで良いシーズンだった。これまでに何度も話してきた。シーズンの最後の方では、代表でもクラブでも良い結果を出した。彼とはオフェンスもディフェンスも話して修正した。他の選手もそうだが、もう一度ワールドカップに行きたいと言っている。これからも成長してもらいたい」

「清武はケガがあり難しいシーズンだった。重大なケガで、クラブも降格した。ただ、オフェンス面に関しての能力は本当に高い。今日の夜にビデオを使いながら話をしたいが、まだ伸びる部分ある。代表に多くをもたらせることができるだろう。香川と競争してほしい。ボールを奪うところなど規律を覚えれば香川と同時に起用したい」

「大島は新しい選手。長い時間かけて追跡していた。五輪代表としてもプレーしている。最近、川崎の試合を見ていたが、ボールを持った部分の質はわかっている。アグレッシブに奪えているかどうかを見たら、そこの部分が伸びていた。面白い選手であり、後ろから1列目にボールを送れるし、2列目から飛び出せる。パスとテクニックあり、ビジョンを持っている。小さいが頑張る選手だ。あと10センチ背が高ければもっと面白い選手になっただろう。ただ、身長は伸びないので、違う部分を伸ばしていきたい。彼がプレーするかはわからない。それは呼んでみてから。本当は、明日から来てほしかったが、五輪チームはケガ人も出ている。五輪代表に残ってそれから合流する。国内組とともに合流する予定だ」

「小林も長い時間追跡してきた左利き。クオリティは高く、直接スタジアムに見に行った。前半はエクセレントで、特にオフェンス面。後半はリズムについていけていなかった。フィジカル的にはまだまだ伸ばせる。国内の選手でも能力があるなと感じる選手だ。守備を頑張る部分はない。代表はどちらもできる選手が必要。長谷部や遠藤のように奪えとは言わない。ただ、メッシでも、プレッシャーをかけてボールを奪う。そういうことをやってほしい。現代フットボールはそれを求めている」

「彼に関してはもっと話す。真実を話さなければいけない。23歳でまだ若い。ちょっとしたことを話して発展、向上させたい。数名はそれを理解しなければいけない。数名はメンタルを変えてほしい、グラウンド上では変えなければ活躍できない。柴崎もここに入ってくるだろう、ディフェンスのアグレッシブさを要求している」

「今野も候補に入る。33歳でもボールを奪う能力は素晴らしい。長谷部が疲れや病気になれば今野などを呼ばなければいけない。これはメッセージだ。日本でも海外でもみんなが候補だ。みんなのことを追跡しているので、パフォーマンスが良ければ呼ぶ。そして先発も控えもない。私が間違えることもある。1年目は難しく、わからない選手もいた。数名に対しては間違えたかもしれない」

「小林は1試合のために呼んだわけではない、数試合を見て考えた結果の招集だ。ここにいない選手も忘れていない。将来、UAEと対戦する時に必要となる選手がいるかもしれない。アジアカップで日本が負けた相手で簡単ではない。一試合目はUAEだ。原口もここで使うもしれない。昨日は話をした。クラブでは違うポジションだが、私にとっては他もできると考えている。私の見方で選手を選んでいく」