ハリルジャパン海外組合宿3日目…プレミアリーグを制した岡崎が合宿に参加!!《日本代表海外組合宿》

写真拡大

▽6月にキリンカップサッカー2016を控える日本代表は26日、千葉県内で海外組の一部選手が集まり、合宿3日目を行った。

▽合宿3日目には、レスター・シティでプレミアリーグを制したFW岡崎慎司が合流。川島永嗣(ダンディー・ユナイテッド/スコットランド)、吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)、酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)、酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)、清武弘嗣(ハノーファー/ドイツ)、山口蛍(ハノーファー/ドイツ)、原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)、長友佑都(インテル/イタリア)の9名が参加した。

▽トレーニング開始前には岡崎を含めた9選手で鳥かごを実施。その後、センターサークルに全員が集合し、プレミアリーグで優勝した岡崎を祝う拍手が起こった。

▽その後、岡崎はフィジカルトレーナーとともにグループ練習を外れてランニング。その他の選手もランニングを行い、川島を除く7名はボールを使った練習に移行。各自がボールを持ったまま行うサーキットトレーニングなどを行い、約1時間半でトレーニングは終了した。

▽今回の合宿は、このメンバーで今週の29日(日)まで実施予定。その後、日本代表は6月3日に豊田スタジアムで行われるキリンカップ準決勝でブルガリア代表と対戦する。7日には、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表か、デンマーク代表と相まみえる。