初心者は500円から積立できる
ひふみプラスがおすすめ

この4月から、ジュニアNISA口座の取引が開始されました。そこで、投資の中・上級者である40代のお父さまと初心者のお子さま向けに選定しました。
お父様には定年後の生活を見据え、長期保有を前提に継続コストに着目、ETF(上場投資信託)を通じて世界のREIT(不動産投資信託)に投資をしている「EXE−iグローバルREITファンド」。
初心者のお子さまは、一般NISAへの移行のタイミングで学資に充当すること、また中期的な運用を前提に、実績が優秀なファンドから「ひふみプラス」を選びました。国内外の株式を運用対象としているファンドで、運用マネジャーの調査・分析にしっかりとしたポリシーがあり、投資をしながら経済感覚を磨ける効果も期待できます。
アクティブ型のファンドですが、信託報酬は上限1・0584%と低く、積立額が500円からというのも、初心者向けのポイントです。
ただ、「親子でNISA」を活用する場合、開設口座は同じ証券会社であることなど、制約もありますので、ご注意ください。

教えてくれたのは
楠本充美さん
KSMT不動産
コンサルティング
代表