いよいよ公開を控える、映画『オオカミ少女と黒王子』。

原作は累計540万部を突破した大ヒット少女コミックで、二階堂ふみさん、山粼賢人さんW主演での実写化ということもあり、今季最も注目されているといっても過言ではない話題作です!

今回Noshでは、二階堂さん演じる篠原エリカに思いを寄せるクラスメイト・日下部憂を演じた吉沢亮さんに、単独インタビューを実施しました。

吉沢さんは、共演した二階堂さんからも“平成のアラン・ドロン”と称されるほどの美貌の持ち主。役作りのポイントから、撮影現場でのエピソードなど、たくさんお話を伺ってきましたよ!


Q:まず今回、出演のオファーを受けたときの感想は?

吉沢亮(以下、吉沢):今回は、二階堂さんが少女漫画原作をやるんだという驚きと、一緒にやってみたいなという興味がすごくありました。

やっぱり同世代の役者さんと演じるのは刺激になるし、楽しいです。福岡での撮影では、みんなでごはんに行っていました。

特に二階堂さんと山粼くんと3人でごはんに行く機会が多かったです。屋台に行って、お酒とか飲みながら作品の話や他愛もない話で盛り上がりました。

Q:実際に役を演じてみて、いかがでしたか?

吉沢:日下部には、共感できるところがいっぱいありました。高校生時代の僕に共通することがあったので。

他のクラスに仲のいい人は何人かいたんですけど、同じクラスにはいなかったので、彼(日下部)のスタイルはよくわかります。

最初に仲良くなった人たちが全員違うクラスだったんです。そこからクラスの人たちと仲良くなるタイミングを見失って……。人見知りなので、自分で話しかけたりもできず……(笑)。


Q:華やかな学生生活を送ってそうですが、意外ですね!逆に、日下部とご自身とで、ギャップを感じる部分はありましたか?

吉沢:それが、そんなに無いんです。生活スタイルというかインドアな感じも僕と近くて。
彼の他人の為に自分の殻を破る部分は僕も見習いたいところです(笑)。

Q:女子の間では山粼さん演じる佐田恭也でなく、日下部にキュンキュンするとの声も多いのですが、その点はいかがですか?

吉沢:いや〜、でも佐田恭也は強いですよ。僕は見ていて“山粼賢人かっけーな”と思いました(笑)。

でも僕としては、観てくださった方が日下部にキュンキュンしてくれたらいいなと思っていて演じていました。日下部は地味なんですけど、エリカのことを好きになってどんどん自分の殻を破っていくので、強い男の子なんですよ。


(C)八田鮎子/集英社 (C)2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会

Q:劇中のどの部分で、日下部の“強い男の子”の一面を感じることができますか?

吉沢:恭也に「篠原さんのことが好きです」と伝えるシーンがあるんですけど、そこは彼の成長を感じるポイントでもあるので、見どころかなと思います。


Q:劇中では山粼さんとライバル関係にあるわけですけど、演じている際にも意識することはありましたか?

吉沢:それは全然なかったですね。彼とは2回目の共演なのですが、仲良くやっていました。相変わらず少年っぽい、可愛い男だなと。

でも今回演じているのを見ていて、“ドSだなー”と思いました。そんなドSな山粼賢人が見れるのは、この作品だけだと思います。

 

前半のインタビューはここまで!

後半では役作りのポイントについてたくさんお話を伺いました! 吉沢さんが出演する映画『オオカミ少女と黒王子』は5月28日より全国ロードショーです。

配給:ワーナー・ブラザース映画

【関連記事】

※ 二階堂ふみも絶賛のイケメン・吉沢亮、高校時代を明かす「完全にカーストの下だった」

※ 竜星涼に単独インタビュー!「ダメだけどやめられない」こととは?

※ 2016年NO.1注目俳優・竜星涼に単独インタビュー「1年前はギラついてた」

※ 菅谷哲也に単独インタビュー!人生に迷ったときに相談する相手は誰?

※ ドS王子を演じた山粼賢人、横浜流星の胸キュンエピソードに嫉妬?