25日、国連の潘基文事務総長は訪問先の韓国で大統領選への出馬の可能性に含みを持たせる発言をした。写真は潘事務総長。

写真拡大

2016年5月25日、AFP通信によると、国連の潘基文(バン・キムン)事務総長は訪問先の韓国で大統領選への出馬の可能性に含みを持たせる発言をした。

6日間の予定で韓国を訪問している潘事務総長は25日、済州島で韓国メディア団体と懇談した。聯合ニュースの報道によると、潘氏は今年いっぱいで国連事務総長を退任することに関して、「韓国人として何をすべきか熟考し、決心するだろう。必要であれば助言をもらうかもしれない」と述べた。だが、現在は国連事務総長としての残りの任務に注力すると強調した。聯合ニュースは潘氏の発言は韓国大統領選への出馬について検討していることを示していると伝えている。

この報道に、米国のネットユーザーからは「潘氏が保守派の政党に属すのなら嘆かわしいことだ。保守派というのは堕落しているから」「オバマ大統領は次の国連事務総長になろうとしているだろうか?」「国連なんてお笑い種だ」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/蘆田)