最高時速130kmの電動レーシングカート発表。ボッシュ・FIA共同開発、フォーミュラEベルリンePrixでデモ

写真拡大

自動車関連機器メーカーの独ボッシュが、FIA、カートメーカーの独Mach 1などとの協力により開発した電動レーシングカートを発表、フォーミュラE ベルリンePrixでデモ走行を公開しました。

この電動カートは48Vバッテリーと20kW(27hp)のモーターを搭載し、最大トルクは300Nm(30.6kgf・m)、最高速度は130km/hに達します。

【ギャラリー】Bosch E-Kart (6枚)

電気自動車のメリットは常に最大限のトルクと加速力を引き出せるところ。ボッシュの電動レーシングカートの0-100km/h加速は5秒を下回ります。

制御系にはカスタムECUを搭載しており、アクセルとブレーキペダルに配したセンサーからの入力によってモーターと回生ブレーキシステムをコントロール、出力を制御します。

フレーキペダルを踏んで作動する通常のブレーキとは別に、回生ブレーキシステムはアクセルからペダルを離せば作動するようですが、そうならばアクセルオフしているコーナリング中は微妙に減速しすぎてしまうことになりそうです。ならば、このカートでコーナリング速度を維持するには伝説のF1ドライバー アイルトン・セナが使った"セナ足"テクニック(コーナリングの際にエンジン回転数をキープするため小刻みにアクセルを開閉する技術)が、用途こそ異なるものの有効に作用するかもしれません。
  
ボッシュはまだプロトタイプだとしつつも、5月21日に開催されたフォーミュラE選手権ベルリンePrixでこのカートのデモ走行を実施しました。ドライブを担当したフォーミュラEのセーフティカードライバーBruno Correiaは「加速性能は信じられないほどだし、速度も申し分ない。ドライブするのが楽しくて仕方ないよ」とコメントしました。



現在、FIAは電動レーシングカートによるシリーズを計画しており、シャシーおよび駆動系をワンメイク供給する計画とされます。ボッシュとFIAが共同開発した電動レーシングカートは、もしかすると新たなシリーズの公式車両になるのかもしれません。

フォーミュラEのボス、アレハンドロ・アガグは「レーシングカートはとても楽しいものだ。この電動レーシングカートはエンジン仕様のものと同じぐらい速くてエキサイティングだよ。すぐにでもシリーズ戦をやるべきだね」とコメント、フォーミュラEサポートレースへの取り込みにも興味を示しました。

ちなみに、電動レーシングカート自体は今回ボッシュが開発したものが初めてではありません。草の根レベルでは10年以上も前からレーシングカートのシャシーにバッテリーとモーターを積み込んだものが作られていたほか、日本でもERK Cupなどいくつかのレースが開催されています。