映画『溺れるナイフ』人気少女漫画を小松菜奈&菅田将暉で実写化 - 破裂しそうな10代の恋と衝動

写真拡大

映画『溺れるナイフ』が2016年11月5日(土)に公開。ジョージ朝倉原作の同名コミックを実写化する。

小松菜奈、菅田将暉が主演

2004年から13年にかけて「別冊フレンド」に連載され、世界観と、リアルな心理描写で熱狂的に愛され続ける「溺れるナイフ」。本作を手掛けるのは、若手女性監督の山戸結希。小松菜奈、菅田将暉がW主演。二人の脇を固めるのは、ジャニーズWESTの重岡大毅、上白石萌音、志磨遼平、斉藤陽一郎、嶺豪一、伊藤歩夢、堀内正美、市川実和子、ミッキー・カーチスら。予告編に先駆けて公開された特報映像では、旬なキャストたちの個性あふれる演技も垣間見える。

東京から転校してきた美少女モデルの夏芽と強烈なオーラを放つ地元の少年コウの物語。まだ何者でもなく、何者にでもなれると感じる「10代の一瞬間(=全能感)」の謳歌、挫折、そして再生が、10代の少年少女たちを通して、激しくも儚く、そして美しく描いていくという。

主題歌は志磨遼平ソロプロジェクト・ドレスコーズ

なお、映画初出演となる志磨遼平ソロプロジェクト・ドレスコーズが、主題歌を担当。主題歌は志磨が在籍していた伝説のバンド・毛皮のマリーズの名曲「コミック・ジェネレイション」で、ニューバージョンを再録するそうだ。

ストーリー

ストーリー:東京から転校してきた美少女モデルの夏芽は強烈なオーラを放つ地元の少年コウに出会い一瞬にして惹かれていく。コウも夏芽の美しさに同類の力を感じ、ぶつかり合いながらも付き合うことに。しかし、火祭りの夜にある悲劇が二人を襲う・・・。深く傷つきコウと別れてしまった夏芽。孤独な彼女を救ったのは同級生の大友だった。彼の優しさに癒されながらも、コウに急接近する幼馴染のカナに心を乱され、行き場を失う夏芽。そんなある日、芸能界復帰のチャンスが訪れる―。夏芽の決断は?コウの想いは?永遠を信じていた二人の恋の行方は?

作品情報

『溺れるナイフ』
公開日:2016年11月5日(土)TOHOシネマズ渋谷ほか全国公開
出演:小松菜奈、菅田将暉、重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音、志磨遼平(ドレスコーズ)、斉藤陽一郎、嶺豪一、伊藤歩夢、堀内正美、市川実和子、ミッキー・カーチス
原作:ジョージ朝倉『溺れるナイフ』(講談社「別フレKC」刊) (C)ジョージ朝倉/講談社
監督:山戸結希
脚本:井土紀州、山戸結希
音楽:坂本秀一
(C)ジョージ朝倉/講談社 (c)2016「溺れるナイフ」製作委員会