近年ではクルマを買う(借りる)手段には、いろいろな方法があります。

自動車メーカーの残価設定ローンもお馴染みですが、リース業界最大手のオリックスに代表されるリース会社でも多様な自動車リースを用意しています。さらに最近では、中古車のカーリースもあります。

1

また、相当な普及をみせている感のあるカーシェアリングという手もあります。

利率や残価など、それぞれに長所・短所があり、走行距離や家族構成など、どういったクルマの使い方をするのか見極めてから選択したいところ。

オリックス自動車と業務提携し、エスキュービズムLCDが手がける個人向けカーリースサービス「買いとリース」は、3年または5年の期間での利用を前提とし、頭金や税金なしでその間、毎月定額を支払う方式が採用されています。

これだけ聞くと、いままでの自動車リースと同じでは? と思いますが、「買いとリース」は、燃費や性能、スタイリングなど、様々な観点から人気車種を厳選して残価を高く設定することで、月々の支払額の低価格化を実現しているのが特徴。

現在、新車や中古車市場で人気が高い約50種車種を揃えており、そのリース価格は以下のとおりです。

・SUZUKI アルト(新車価格:96万円)月額:1万3000円〜
・Honda N-Box(新車価格:160万円)月額:1万6000円〜
・Toyota ハリア―(新車価格:336万円)月額:3万6000円〜
・Nissan X-Trail(新車価格:287万円)月額:3万7000円〜
・Toyota ヴォクシー(新車価格:270万円)月額:3万7000円〜
・Toyota アルファード(新車価格:495万円)月額:4万9000円〜
※エスキュービズムLCD の資料より。Goonet参照(最安値と最高値の平均値を算出)

同社のホームページを見ると、現時点(2016年4月24日)では、軽自動車とミニバンというラインナップで、しかも人気車種もしくは定番モデル(ジムニーなど)のみという割り切りで少し驚かされますが、なるほどこれなら高めの残価設定ができそう。

同サービスは、年間の新車販売500万台を割り込むなど、クルマ離れが加速する中、若者などを中心とした需要喚起のほか、女性や高齢者も含めユーザーがクルマの購入時に「何のクルマを選べば良いか分からない」、「新車購入は金銭的にも精神的にも荷が重い」、「維持には費用が色々かかりそう」という課題を解決するひとつの手段として提供されています。

「買いとリース」では、「人気車を厳選」「頭金0円」「購入時の諸費用や保険料、毎年の税金も含まれた上での月々定額払い」「5年間の メーカー保証つき」「全車ナビ付き」「契約終了後は車の買い取りまたは他の新車への乗り換えも自由」などにより、新車を乗るというハードルを下げるものとしています。

(塚田勝弘)

ローンの半額以下、月額1万3000円〜で新車に乗れる!? カーリースの秘密とは?(http://clicccar.com/2016/05/26/373859/)