写真提供:マイナビニュース

写真拡大

SAPグループのコンカーが提供する「Concur Travel & Expense」は、出張旅費・交通費・近接交通費など出張・経費管理をクラウド上で実現するサービスで国内520社、全世界32,000社での採用実績を誇る。この「Concur Travel & Expense」と日本企業の旅費最適化を追求するTOPPER(トップレップ)とが連携サービスを開始した。

TOPPERは、トッパングループのトップレップが運営する旅費コンサルティング会社で、同社のWebサイトには"企業の出張旅費管理を徹底的に改革する会社です"と自社の紹介を力強く掲げている。企業の出張旅費には、旅費削減・経費管理のほか、不正防止やリスク管理といった内部統制的な側面もある。これらを専門とする企業がTOPPERである。

コンカーの外部アプリケーション連携システム「Concur App Center」抽出した旅費データを、TOPPERの「Concur Travel & Expense」で接続、旅費削減の専門的な知見で分析され、取り組むべき課題点を明らかにすることで旅費削減を実現する。

(長岡弥太郎)