写真提供:マイナビニュース

写真拡大

シャノンは5月26日、マーケティングオートメーションツール「SHANON MARKETING PLATFORM(以下SMP)」において、SMP内のリードデータと広告データを紐づけ、より精緻な広告効果を測定するダッシュボード機能を提供すると発表した。

この機能は、マーケティングオートメーションに蓄積されるリード情報と各種履歴データを広告データと紐づけることにより、商談化したリードや売上に直結したリードといった売上に直接貢献した広告をリアルタイムで把握することができるようになるという。

これにより、受注に貢献した広告や検索キーワードを把握すること、商談情報(商談・受注等)と連携することにより、売上に対する広告投資効果を測定すること、ラストタッチだけでない複数広告を横断したミドルタッチに至る広告の間接効果を測定することができるという。

    

(丸山篤)