イクラが怖い人は見ちゃダメ! タンチョウの頭部が無防備すぎると話題に / Twitterの声「ちょっと気持ち悪い」「ノイチゴみたいですね」

写真拡大

日本に生息する最大級の鶴、タンチョウの頭部がTwitter上で話題に。無防備すぎてヤヴァイ……と、そのブツブツ感にビックリする人が続出しています。

Twitterユーザーからは、「ちょっと気持ち悪い」や「ゾワゾワ感…」などの声があがっています。

【タンチョウの頭部にビックリ!?】

ことの発端は、東京動物園協会が運営する「東京ズーネット」の公式Twitterアカウントのツイート。5月23日、同アカウントは次のようにツイートしました。

「タンチョウの頭の赤い部分は羽毛ではありません。皮膚が裸出し、細かな肉瘤となり、血の色が見えているのです」(Twitterより引用)

ともに投稿されたタンチョウの頭部の写真を見ると……ヒエエエエ、ホントだ! 今まで羽毛だと思っていたけれど、羽毛じゃなかった……ブツブツブツブツ!!!

【Twitterユーザーの声】

これについて、Twitterユーザーからは次のような声があがっています。

「うぇっ……キモ」
「ヒィッ」
「ちょっと気持ち悪い」
「つまんだらプチって言って血出てきますかね?」
「頭なのにそんなに無防備なんですか……」
「皮膚を裸出させる意味とは……」
「ハゲてるとかいうレベルでないむき出し感……」
「何度見てもゾワゾワ感……」
「アップは無理かもしんない」
「頭ちょっと触ったら痛いのかな」
「これぞ、つるっぱげですね!」
「凄まじい衝撃と破壊力」
「ノイチゴみたいですね」
「あまりアップで見たくないかも……」

う〜ん、羽毛じゃなかったのか……ビックリ! 集合体恐怖症のオトメは、タンチョウの頭部をアップで見るのは控えた方がいいかもしれません。

参照元:Twitter / @TokyoZooNet_PR、日本野鳥の会
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

関連ツイートはこちら