“経営の神様”と呼ばれた松下電器産業(現パナソニック)創業者の松下幸之助は、本社のある大阪・門真市の成人式に招かれ、新成人にこう語ったという。

「これからは、人生を経営するつもりで生きてみなさい」

 人生を企業経営になぞらえる発想が斬新だ。ノウハウを蓄え、資金繰りを考え、目標を掲げて、自らの幸福を追求しながら、同時に社会への貢献を考えていく点では、企業も人間も同じである。

 名経営者と呼ばれる人の言葉が、ビジネスマンだけでなく主婦や学生の心をもとらえ、心の滋養になるのはそのためかもしれない。だが、昭和の経営者と現代の経営者では、言葉の重みに違いを感じるのはなぜだろう。

「昔の経営者はすごかった」と懐古趣味に浸るつもりはないが、いくつか思いついたことを述べてみたい。

 苦労を知らない経営者などこの世におるまいが、昭和の経営者は苦労のレベルが違うという印象は否めない。シャープ創業者の早川徳次は関東大震災による大火災で、会社を失い、家族を失い、シャープペンシルの特許まで手放さざるを得ない地獄を見た。

 ワコール創業者の塚本幸一は太平洋戦争のインパール作戦の生き残りだ。彼の部隊は五十五人中三人しか生き残らず、五十二人分の人生を背負って戦後を生きた。フィリピン戦線を生き延びた中内功しかり。戦争は昭和を生きた経営者の共通体験である。

 苦労の数だけ経営者は求心力を持ち、言葉は輝きを増す。

 壽屋(現在のサントリー)創業者の鳥井信治郎は赤玉ポートワインが売れて売れて仕方ない時にウイスキーに打って出た。二代目社長の佐治敬三はそのウイスキーが看板商品に育った時にあえてビールへの進出を決める。

「やってみなはれ!」

 サントリーは、苦労を自ら作ってまで越えていったのである。

 苦労という意味では、人材を育てる手間を惜しむ傾向も気になるところだ。最近はやりのM&Aがいい例だ。新規事業は既存の会社を購入して始め、必要な人材はヘッドハンティングしてくる。果たしてそれでいいのだろうか?

 阪急東宝グループ創業者の小林一三は自前の人材で事業を切り盛りすることで知られていた。鉄道もバスも百貨店も歌劇も遊園地も劇場も野球チームも、人事異動の一環として人が行き来した。

 その根底にあるのは、事業はすべて大衆を相手にした顧客サービスであり、その極意さえつかめば応用が利くというものである。そして大卒社員であっても車掌や運転手や切符切りを経験させ、下積みをさせた。

「下足番になるなら、日本一の下足番になってみよ」

 天才的なアイデアマンだった彼でさえ、一流になるには努力しかないと考えていた。

 時代はスピードを求めていると人は言う。だが「組織は人である」という言葉は時代を超えた真理ではないか。

「歩をうまく使え」とは先述した早川徳次の言葉だが、王将である社長や飛車角である役員だけで会社は動かない。

 歩を上手に使ってやる気を出させ、金(と金)の動きをさせることにこそ、経営の要諦がある。松下幸之助は社員に、会社について尋ねられたらこう答えるように教えていた。

「松下電器は人をつくる会社です。あわせて電気製品を作っております」

 最近は企業を数字で把握しようと、時価会計や四半期決算のみならず、フィンテック(FinTech)を用いた融資まで行なわれているようだ。だが企業の本当の価値はそれだけでは測れまい。

“同じ釜の飯を食った”“一緒に苦労した”“こんな言葉をかけてもらった”という目に見えない「簿外資産」に支えられてこそ、会社は強くなるのである。

 そんなことを考えながら、経営者の名言をもう一度味わってみることにしたい。

●文/北康利(作家):きた・やすとし。1960年愛知県生まれ。東大法学部卒。みずほ証券を退職後、作家に。『白洲次郎 占領を背負った男』(講談社)で第14回山本七平賞を受賞。近著に『佐治敬三と開高健 最強のふたり』(講談社)がある。

※週刊ポスト2016年6月3日号