台湾鉄道が導入検討の記名式乗車券  ネット販売へ

写真拡大

(台北 26日 中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)は25日、来月の端午節連休(9〜12日)中に一部の列車で試験的に記名式乗車券を販売することについて、当初は指定駅の窓口のみとしていた取り扱いをインターネットに切り替えると発表した。詳細は今後改めて公表するとしている。

記名式乗車券の対象となるのは、台北と台東を結ぶ特急プユマ号2本。花蓮と台東に本籍を持つ人のみ購入できる。

台鉄では窓口に並んでも購入できないといった状況を防ぐためと説明。ただ、発券は窓口で行う必要があるとしている。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)