26日、環球時報によると、スイスで開かれた第69回世界衛生大会に出席した台湾衛生福利部の林奏延部長は、発言の中で終始「台湾」ではなく「中華台北」の呼称を用いた。資料写真。

写真拡大

2016年5月26日、環球時報によると、スイスで開かれた第69回世界衛生大会(WHA)に出席した台湾衛生福利部の林奏延(リン・ゾウイエン)部長は、発言の中で終始「台湾」ではなく「中華台北」の呼称を用いた。

台湾・中国時報によると、林部長の演説はすべて英語で行われたが、終始“Chinese Taipei”を使用し、敏感な問題には一切触れなかった。これは台湾当局の慎重さの表れだと記事は伝えている。一方、台湾外交部は「これまでも呼称は併用してきており、いかなる政治的な問題とも関係ない」としている。

前日には、中国本土の代表と偶然会った際、簡単な握手とあいさつだけで済ませたことに、各界の注目が集まっていた。台湾人の間では、新しく発足した蔡英文氏率いる民進党政権が「92年コンセンサス」を認めていないことから、それを基礎としている国際大会への参加が制限されるのではという懸念も広がっているという。(翻訳・編集/北田)