写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)の人気アトラクション「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」の運営終了まで残り5日となり、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の主人公マーティ・マクフライに扮した仮装ファンが続々と現れている。

昨年秋、『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』でタイムトラベルした30年後の未来、2015年10月21日午後4時29分の時刻前には、300人もの『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ファンが仮装をして実物大デロリアン前に集結。"仮装の聖地"として大勢の仮装ゲストが訪れる同パークだが、「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」が5月31日をもって運営終了となることを惜しみ、仮装ファンが多く駆けつけている。

千葉県から来た23歳の男性は「ファンが集まるサイトで『今日USJ行くよ』と投稿したら、自然とマーティ仮装の友人たちがパークに集合しました! マーティ仮装は7パターン持っていて、今日の仮装は"学校に行くマーティ"がテーマです」と話し、「オープン当時から大好きでよく来ていたので、今月末でなくなるのは本当に寂しいですが、最終日含む4日間は毎日仮装して来る予定です。次は、マーティにちなんで黒電話やギター、スケボーも持ってきて完璧に仮装する予定です!」と最終日まで毎日来ると意気込んでいる。

また、岡山県から来た20歳の女性2人は「幼い頃、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでこのライドに乗って、初めて『バック・トゥ・ザ・フューチャー』という映画を知った。このライドがきっかけで、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が大好きになったんです」と明かし、「今日は最後に仮装して楽しみます!」とアトラクションを満喫した。

(R)&(C)Universal Studios/U-Drive