中国人から見ると、一般の日本人女性は地味ではあるものの、身だしなみがきちんとしていて、肌がきれいだと感じるという。中国メディアの維度女性網はこのほど、「どうして日本人女性の肌はこんなにきれいなのか」と疑問を投げかけ、日本人女性のきれいな肌の秘訣を紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国人から見ると、一般の日本人女性は地味ではあるものの、身だしなみがきちんとしていて、肌がきれいだと感じるという。中国メディアの維度女性網はこのほど、「どうして日本人女性の肌はこんなにきれいなのか」と疑問を投げかけ、日本人女性のきれいな肌の秘訣を紹介する記事を掲載した。

 記事は、秘訣の1つが日本人の愛する「納豆」にあると主張。納豆キナーゼ、納豆菌のほか、良質なたんぱく質、SOD酵素、ビタミンなどが豊富に含まれており、毒素の排出にも効果的だと主張。それで、「多くの女性のきれいな肌づくりに役立っている」に違いないと結論づけた。

 美肌に役立つ別の習慣は、「毎日お湯につかる」ことだ。日本人の家庭にはたいてい浴槽があるので、日本人女性は温泉に行かずとも「家で毎日お湯につかることができるのだ!」とうらやましげな様子。中国では浴槽がない家庭も多く、毎日シャワーのみの人も少なくない。中国ではお湯につかる機会が日本ほど多くないことを考えると、日本の風呂文化は贅沢と言えるかもしれない。記事は、風呂に入ると毛穴が開き、老廃物が排出されるので、日本人女性は肌にはりと光沢があるのだと説明している。

 近年、中国人女性も豊かになり、美容に高い関心を持つ女性も増えている。ネット購入も便利なため、美容に多額の費用をかけている中国人は多い。しかし、日本人女性の優位性は、手軽に本格的な「家庭用美顔器」が手に入ることにもあるのだという。ある美顔器は、非常に多機能で、ナノサイズのスチームや、深層まで届くRFラジオ波を使った高周波マッサージ、イオン導入、表情筋を鍛える低周波(EMS)、冷ミストといった、以前はエステサロンでしか受けられなかった美容効果が得られるという。しかも、スマホと連動した管理・説明付きだ。

 国の別なく、肌の美しさは女性なら誰もが望むことだ。中国人は良いものにはお金を惜しまない傾向があり、中国人女性の心を捉えることができれば、それは大きなビジネスチャンスを意味する。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)